パスカルを使ってみた

SEOツール『パスカル』を使ってみた!コンテンツを戦略的に作れる最高のSEOツールでした

SEO パスカルを使ってみた
龍 由樹
(りゅう ゆき)
この記事に書いてあること
株式会社オロパスが手がける最新鋭のSEOツール『パスカル』。無料試用が出来たので使ってみました。現時点で、私の中では最高のSEOツールだと思いますね。

ウェブマーケティング業界で働いている龍由樹@ペンギン新聞です。

株式会社オロパスが開発する最新鋭のSEOツール『パスカル』を使う機会があったので、記事にまとめてみました。

オロパス社の協力のもと、一部画面を撮影させてもらいました。

人気プランが月額6万円(4.5万円プランもある)と多少高めですが、オウンドメディアを制作する企業はもちろん、本格的にブログやアフィリエイトで稼ぎたい方は、短時間でSEO効果の高いコンテンツ制作に必要なものがほとんど詰まっているので、テッペンを目指したい方には必携のツールかなと思いますね。

ちなみに、月額6万でも管理できるドメインは無制限です。

複数サイトを運営するアフィリエイターも導入の価値ありかなと思いますね。

プロが選ぶSEOツール/パスカル | ドメイン無制限の【無料体験版】

 

こんな方に読んで欲しい・初期投資はかかってもSEO効果の高いサイトを作りたい
・アフィリエイト用ブログで検索上位を狙いたい

では、始めましょう。

 SEOにGRCだけでは不十分な理由

そもそも、なぜ、『パスカル』を取材しようかと思ったのかと言いますと、正直、SEOって、漠然とGoogle広告のキーワードプランナーで検索ボリュームを調べるだけでは意味がないからです。

SEO対策を完璧に行うためには、最低でも以下の知識は必要です。

・キーワードの順位変化
・キーワードボリュームと競合サイトの市場規模
・サイト全体や記事内のキーワードバランスの知識
・タイトルやH1~H3タグとキーワードの関係
・被リンクの質と競合サイトの市場規模
・関連キーワードのバランスと競合サイトとの比較

他にもドメインエイジやSNSへの拡散状況など、様々な要素を調べなければ、稼げるアフィリエイトブログや、集客できるオウンドメディアの制作はほぼ不可能といっても良いでしょう。

例えば、キーワードの順位変化を調べるツールとしてGRC(有料)が有名ですが、多くのSEOの要素の1つの要素にすぎません。GRCは素晴らしいツールですが、それだけ使って完璧なSEO対策をすることは困難です。

そこで、他のツールを併用するのですが、すべて導入すると高額になることが多く、結果として、個人や予算のない企業では「導入不可!」の判断となってしまいます。

なら、『パスカル』の6万円は、むしろ安いのかな・・・ということで、取材をしてみることにしました。

キーワード分析ツールとしてのパスカル

すみません。使用期間が短かったので、キーワードの検索順位変動の画像を撮影できかなったのですが、以下がGRCに相当するキーワード順位変動を計測する機能です。

パスカルのキーワード変動ツール

パスカルの場合、サイト毎、PC/スマホ毎にキーワードの変動を日時で見られる他、エリア毎の変動を見ることができます。

エリア毎というのは、特に地域限定のキーワードで攻めたい方の機能で、例えば、

『東京でオススメのラーメン屋10選』

など、記事の地域性で絞っても良いですし、サロンや飲食店など、地域限定で営業しているお店の公式サイトの分析にもオススメです。

ちなみに、ドメイン全体としての順位や、記事毎のキーワード順位の両方を調べられるので、記事毎にスモールキーワードを埋め込んで、トップページでビッグキーワードを狙うキーワードビルディングに適した設計になっています。

 

オススメのポイント・Googleのキーワード順位変動は普通に計測できる
・エリア毎に絞って計測できる
・URL毎、ドメイン毎に絞って計測できる
・PCとスマホを絞って計測できる
・1画面で複数サイトのキーワードを管理できる

コンテンツ評価ツールとしてのパスカル

次にコンテンツ分析の機能を試してみます。

コンテンツのキーワード分布

コンテンツ内でキーワードのバランスをあまり考えずに記事を執筆される方は多いと思います。

結果として、これがSEOに失敗する原因だったりするのですが、パスカルは検索上位を狙いたいキーワードを設定した上で、コンテンツ内でそのキーワードが適切なバランスで使用されているか、横軸と縦軸でヒートマップ形式で見られるので、確実な配分でキーワードを埋め込むことができます。

もちろん、キーワードだけでなく発リンクや文字数、ユニーク単語数など、Googleがコンテンツの質を判断する上で重視している項目を総合的に評価することができます。

例えば、

・キーワードの使用頻度は「少ない」「適切」「多い」
・ページの関連キーワードの使用数が「少ない」「適切」「多い」
・ページのユニーク単語数が「少ない」「適切」「多い」
・サイト内、サイト外へのリンク数が「少ない」「適切」「多い」
・コンテンツ内でキーワードの出現箇所に問題がないか

など、あらゆる角度からコンテンツをSEOに強い適正値に導いてくれます。

 

オススメのポイント・コンテンツのSEO対策を項目毎に評価でき適正値が分かる
・SEOに強いコンテンツを定量的な評価で作成できる

競合サイト分析ツールとしてのパスカル

検索順位は、Googleが「どのサイトがユーザのニーズを満たすのか?」を相対評価した結果として決まります。

つまり、最高のSEOを実現するためには、競合サイトと自分のサイトを定量的に比較することが重要です。

そこで使えるのが、パスカルの競合サイト分析機能。

例えば、以下は、狙ったキーワードを使用した競合サイトのうち、検索上位のサイトが、どのようなキーワードで戦っているかを一覧で表示する機能です。

検索上位TOP10を狙うSEOキーワード

つまり、自分も検索上位を狙いたければ、サブキーワードをパスカルに教えてもらうことができますね。

また、自分の狙ったキーワードがライバルサイトと比較して、多いのか少ないのか・・・なんてこともグラフで簡単に分かります。

パスカルの競合サイト比較機能

パスカルの関連キーワード機能

他にも、こんな機能がありました。

記事の文字数をライバルサイトと比較する機能です。

例えば、検索上位サイトの記事の文字数の平均と自分のサイトの文字数を比較することができます。

文字数はSEOで極めて重要・・ではないと私は考えていますが、やはり、文字数が多いサイトは検索上位に表示されやすいことは事実なので、参考になると思います。

記事の文字数の計測機能

パスカルのタイトル文字数

 

こうした競合との比較が多角的にできるツールって、パスカル以外に少ないと思いますね。

 

オススメのポイント・ライバルサイトとキーワード量を比較できる
・検索上位サイトのキーワード戦略が見える

プロが選ぶSEOツール/パスカル | ドメイン無制限の【無料体験版】

被リンク分析ツールとしてのパスカル

Googleが公式に発表していますが、被リンクが検索順位に占める割合は年々下がっています。

今は、SNSでの拡散などサイテーションが被リンクの代わりとして評価対象になってきていますが、被リンクのパワーがなくなったワケではないため、SNSでフォロワーを獲得できない方は、被リンクのビルドは大切になってきます。

もちろん、パスカルも対応していまして、検索上位サイトと自分のサイトの被リンクの量を比較することができます。

ちなみに、被リンクは多すぎても少なすぎてもいけませんが、適正値を判断してもらえるので、質の悪い被リンクがたくさんついてペナルティの対象になった!なんて失敗を防止できるのもパスカルの魅力の一つ。

この辺りも活用したい機能ですね。

パスカルの被リンク計測

 

オススメのポイント・被リンクの適正値が数値で分かる
・検索上位サイトと被リンク数を比較できる

重複コンテンツ排除ツールとしてのパスカル

今、SEOは無駄、無くなる!などという論調がネット上で叫ばれていますが、これは完全に誤解です。

正確には、ネット上に同じような記事が大量にアップされた結果、カニバリズム(競合記事の共食い)が発生しており、オリジナリティ溢れるコンテンツが求められている時代です。

でも、オリジナリティって、非常に定性的で分かりにくい・・・。

それを数値化してくれるのがパスカルの利点です。

自分のコンテンツと比較して、検索上位のサイトのコンテンツがどの程度似ているのかを判定することができます。

ここでは2つの戦略が考えられると思います。

・検索上位サイトと似せて、さらに質の高い記事を投入する
・同一キーワードを狙いつつ、コンテンツの重複度を薄めてオリジナリティを高める

この両方の戦略を取れるのが、パスカルの「コンテンツ比較機能」です。

パスカルの重複コンテンツ分析

どちらを採るにしても、数値で見られないと戦略が立てられないですから、良い機能だと思いますね。パスカル以外でこの手の機能のあるツールは私は見たことがないです。

 

オススメのポイント・自分のサイトのオリジナリティを数値で計測できる
・オリジナル記事を作る戦略が練りやすい

SEOの総合力を手に入れるなら高くない

ここまでSEOツール『パスカル』をご紹介してきましたが、総合的に言えることは、狙ったキーワードを総合的に評価し、検索上位を狙うための戦略的なサービスだということ。

単純にキーワードボリュームを計測したり、順位変動を調べたりするのではなく、SEOのあらゆる要素を深掘りしてコンテンツ制作に生かせる点で秀逸なツールだと思います。

稼げるブログを作る上では、コンテンツ制作まで切り込めるので、私は6万円を支払っても、後々、コストを回収できるポテンシャルがあるツールだと思いますよ。

なお、4日間は無料で試用可能です。

ただし、スタッフの方から使い方の説明を受ける必要があります。アカウント発行はそれからです。

もちろん、SEOの最前線の知識を抜けるチャンスなので、電話で話してからアカウント発行は、私的にはアリだと思います。(営業電話かーと言っているウチは甘いです)

プロが選ぶSEOツール/パスカル | ドメイン無制限の【無料体験版】

パスカルを使ってみた
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」を使用しています

最強のWordPressテーマ「THE THOR」を使用しています

ワードプレスのテーマはAffinger5とTHE THOR(トール)の二強と言われていますが、このサイトは、THE THORを使用しています。

本気でアフィリエイトで稼ぎたい副業サラリーマンの方が短時間でブログを立ち上げられるのにピッタリ!記事で使いやすさを解説するよりも、どのようなサイトに仕上がるのか実際に読みながら体験していただく方が分かりやすいですからね。よかったらあなたも使ってみてください。ちなみに、別サイトではアフィンが-も試していますよ。

CTR IMG